AGA対策は原因を知って立てる!薄毛を引きをこすAGAの原因について解説

抜け毛や薄毛が気になりだしたら、AGAについて考える必要があります。AGAの原因は分かっていな事が多いです。現在理由としてあげられるのは、遺伝や男性ホルモンの影響、ストレスや喫煙など生活環境などが上げられます。ここではAGAを引きをこす原因について解説したいと思います。

*

筋トレによって薄毛が進行してしまう可能性がある?

   

筋トレをするとハゲる!

噂では筋トレをするとハゲると言われているようですが、これについては厳密にいうと必ずしも禿げるということではなく、元々禿げやすい体質の人が、筋トレによって薄毛が進行してしまう可能性があるということです。

理由としては、筋トレを行うことで男性ホルモンの一つであるテストステロンが増加することによります。過去の実験の結果から、男性にはテストステロンの増加によって薄毛が進行する人と、そうでない人がいます。

前者は遺伝的に禿げやすいタイプであり、後者は遺伝的に禿げにくい人と言えるでしょう。遺伝的に禿げやすい人は筋トレを行うことでテストステロンが増加し薄毛になるということなので、実際に筋トレをしてから急激に薄毛になる方も多いです。

薄毛になってしまうと、筋トレを辞めても戻ることはないです。AGAと呼ばれる男性型脱毛症も基本的には男性ホルモンが原因とされているため、薄毛を気にする方は注意したほうが良いでしょう。

薄毛が気になる人は筋トレより有酸素運動

筋力増強の目的でトレーニングを行うのであればウェイトトレーニングやダンベルなどを用いたトレーニングは欠かせませんが、そうではなくただの運動を目的として行うのであれば、いわゆる有酸素運動であれば問題ありません。

それなら、薄毛の人が筋トレを行いたい場合はどうしたらよいのかということになりますが、そのようなときはトレーニングを行う前にあらかじめ予防的にプロペシアなどを飲んでおくことで薄毛の進行を阻止できると言われています。

プロペシアの薄毛進行阻止率は非常に高いと言われており、事前に飲んでおくことで予防になることは間違いないでしょう。ただし副作用もあるとされる薬であるため、服用する際には必ず医師の診察を受けたうえで服用するようにするべきです。

普段からトレーニングを行っている方は、現在の状況を改めて考えてみて、本当にこのままでよいのか調べてみることをお勧めします。薄毛予防をしながら楽しくトレーニングを行っていきましょう。