AGA対策は原因を知って立てる!薄毛を引きをこすAGAの原因について解説

抜け毛や薄毛が気になりだしたら、AGAについて考える必要があります。AGAの原因は分かっていな事が多いです。現在理由としてあげられるのは、遺伝や男性ホルモンの影響、ストレスや喫煙など生活環境などが上げられます。ここではAGAを引きをこす原因について解説したいと思います。

*

高血圧の人はハゲやすい

   

髪の毛がハゲてしまう原因はAGAなどのホルモンが影響していることや遺伝的な影響だけではなく、食生活や生活習慣が影響している場合もあります。意外と知られていないのが、高血圧が頭髪に大きな影響を及ぼしているということです。

高血圧は頭皮の血行を悪くする

高血圧は、その名の通り血圧が高い状態であることを指しています。その結果、常に血管にダメージが加わっている状態であり、脳卒中や心臓病、動脈瘤などの原因になるとも言われています。

高血圧が薄毛の原因になる理由としては、血流が悪化していることが考えられます。育毛や発毛に必要な栄養は血液によって運ばれますが、頭皮の血行が悪くなると育毛や発毛に必要な栄養が十分に行き届かず、薄毛になってしまうのです。

なお、高血圧の人が必ずしもハゲるというわけではありません。いくつかの原因が重なることで薄毛や抜け毛が進行すると考えられています。

高血圧の予防改善

高血圧の予防・改善には食事の塩分を控える、肥満を改善する、飲酒・喫煙を控える、適度な運動を行うという事が挙げられます。行ってすぐに改善効果があるというわけではありませんが、継続して行うことにより効果を得ることが出来るでしょう。

これまで塩分の高い食事をしていた人が急に減塩食にすると物足りなさを感じてしまう可能性があります。食事を楽しむことが出来なくなってしまうことも考えられますので、物足りなさを感じないような工夫が必要となるでしょう。

食事の塩分を減らすコツとしては、香辛料や出汁を活用すると良いでしょう。栄養バランスを考慮したメニューを心掛けることも大切です。

頭皮の血行を良くする

そして、頭皮の血行を良くするようなマッサージを行う事も有効です。ストレスも頭皮の血行を悪化させる原因となりますので、リラックスすることが出来ることやリフレッシュすることが出来ることを見つけるようにしましょう。

ストレスをゼロにすることは出来ませんので、自分に合った方法でストレスを解消することが出来るような方法を見つけましょう。