AGA対策は原因を知って立てる!薄毛を引きをこすAGAの原因について解説

抜け毛や薄毛が気になりだしたら、AGAについて考える必要があります。AGAの原因は分かっていな事が多いです。現在理由としてあげられるのは、遺伝や男性ホルモンの影響、ストレスや喫煙など生活環境などが上げられます。ここではAGAを引きをこす原因について解説したいと思います。

*

ストレスが原因でAGAになる理由

   

男性の中にはAGAで悩む方が多くいます。AGAとは男性型脱毛症のことで、主に遺伝や男性ホルモンが原因と言われています。しかし、症状を進行する要因の一つにストレスも関係しています。では、なぜこのような要因でAGAが進行してしまうのでしょうか。

AGAの原因はストレスにより引き起こされる症状

その理由は、ストレスが身体に与える影響の中にホルモンバランスの乱れや頭皮の血行不良があるからです。

AGAの原因:ホルモンバランスが乱れ育毛サイクルを乱す

そもそも、AGAには男性ホルモンが大きく関与しています。男性ホルモンの一種であるテストステロンは筋肉力を高めたり、男らしい体つきにする作用があります。

しかし、このホルモンがDHTという成分に変換されると、頭皮の毛乳頭に作用して育毛サイクルを乱してしまいます。これにより、薄毛・抜け毛が増えてしまうのです。そして、男性のホルモンバランスはストレスにより乱れてしまいます。そのため、ストレスを感じる方はAGAの症状が進行してしまう場合があるのです。

AGAの原因:頭皮の血行不良により毛が抜けやすくなる

そして、ストレスはホルモンバランスを乱すだけでなく、頭皮の血行不良も招きます。人はストレスを感じると身体の表面温度が低下してしまうという性質があります。そのため、女性の場合は、肌体温が低下するため、肌代謝が低下して肌荒れを起こしやすくなります。

そして、AGAの方の場合はストレスを感じると頭皮の体温が低下することで血行が悪くなってしまいます。すると毛根に潤いや栄養が行き渡りにくくなるため、抜けやすくなり、薄毛になってしまうのです。

AGA進行を進行させないために生活環境を見直す

このように、ストレスはホルモンバランスを乱したり、頭皮の血行に関係するため、AGAの症状を進行させる原因になります。そのため、AGAの症状以外にも食欲不振や睡眠障害、疲労感などの症状がある場合は精神的疲労が関係している場合もあります。

このような症状を進行させないようにするには、のんびり過ごすようにしたり、生活環境などを見直すことが有効です。そして、専門クリニックで一度診てもらうことをおすすめします。