AGA対策は原因を知って立てる!薄毛を引きをこすAGAの原因について解説

抜け毛や薄毛が気になりだしたら、AGAについて考える必要があります。AGAの原因は分かっていな事が多いです。現在理由としてあげられるのは、遺伝や男性ホルモンの影響、ストレスや喫煙など生活環境などが上げられます。ここではAGAを引きをこす原因について解説したいと思います。

*

喫煙はAGAを進行させる原因になる

      2018/01/07

タバコに含まれる有害物質は、様々な病気の原因になるのは喫煙者の多くも理解していますが、意外な影響としてタバコに含まれるニコチンがAGAを進行させる可能性があります。

ニコチンによる血行不良

ニコチンの害の一つとして、ビタミンCを破壊してしまうというものがあります。ビタミンCは健康維持に欠かせない栄養素で、ビタミンEの働きに影響を与えます。血液の流れを正常に保つ役割があるビタミンEは、ビタミンCが少なくなることで体内への吸収率が低下し、血行を悪化させます。

血行不良による影響は、頭皮に十分な栄養が行き渡るのを阻害し、髪の毛を強く太く育てるための栄養が不足しAGAの進行を促す結果になりかねません。ほかにもニコチンは、末梢血管を収縮する作用が存在しるため、同じく頭皮への栄養に影響を及ぼします。

喫煙によるストレス

ストレスを和らげる効果を期待して喫煙する人も多く見られますが、実はタバコを吸うこと自体がストレスを増やす可能性も指摘されています。ニコチンによって破壊されると言われるビタミンCは、体内で不足すると疲労感や倦怠感を感じやすくなります。

気分がスッキリしない、物事に取り組む気力が低下する状況はストレスの原因となり、ストレスを感じると喫煙の頻度が増加する悪循環に陥るのが特徴です。

悪玉コレステロールの増加

ビタミンCの破壊によって引き起こされる影響以外にも、ニコチンは中性脂肪の合成を促進することで悪玉コレステロールの量を増やしてしまうことがあります。血中の悪玉コレステロールが増加すると、それを抑えるためにタウリンという成分が体内で生成されます。

タウリンを作り出すのに必要な栄養素メチオニンは、髪の毛の生成にも使われるアミノ酸の一種です。ニコチンによって増えた悪玉コレステロールを減らすためにメチオニンが消費されると、髪の毛を育てるのに必要な栄養が足りず、AGAも進行してしまいます。

AGAは体質や遺伝に加えて、生活習慣が大きな影響を及ぼすのが特徴です。育毛剤などを使用しても効果が感じられない場合、生活習慣を見直す必要があるかもしれません。