AGA対策は原因を知って立てる!薄毛を引きをこすAGAの原因について解説

抜け毛や薄毛が気になりだしたら、AGAについて考える必要があります。AGAの原因は分かっていな事が多いです。現在理由としてあげられるのは、遺伝や男性ホルモンの影響、ストレスや喫煙など生活環境などが上げられます。ここではAGAを引きをこす原因について解説したいと思います。

*

AGA(男性型脱毛症)を引き起こす原因

AGAには男性ホルモンが大きく関わっています。血液中を流れる男性ホルモンの一種であるテストステロンが毛根にある毛乳頭に入ってしまうと、5αリダクターゼという酵素の働きでジヒドロテストロンに変わります。この自費炉度テストステロンが毛母細胞に入ると毛母細胞の細胞分裂がスムーズに行われなくなって新たな髪の毛が生えてこなくなります。
また、髪の毛のサイクルにも乱れが生じて成長期が通常よりも短くなりますので、十分に成長しきる前に抜けてしまって薄毛の原因になります。

成長段階で抜けているのですから髪の毛の質にも変化が生じ、太くてしっかりとした髪の毛は減って、細くて弱々しい髪の毛が目立つようになります。発毛を妨げるのと同時に抜け毛を引き起こすものでもありますので、悪い循環にはまってしまうとAGAの症状はどんどん進行します。

ただし、誰もが男性ホルモンの影響を同じように受けて薄毛が引き起こされるわけではなく、個人差があります。

AGAは遺伝による影響が大きい

薄毛や抜け毛になりやすいかどうかはジヒドロテストステロン(DHT)に対するレセプターの感度が関係していて、この男性ホルモン受容体であるレセプターの感度が高いと薄毛が起こりやすくなります。
ですからAGAの症状が気になる時には感度を下げたいと考えますが、体質的に感度が高いのは遺伝による影響が大きいので対処が難しいところです。
ジヒドロテストステロン(DHT)の作用によって髪の毛の成長が抑制されてしまうと脱毛のサイクルが早まってしまい、AGA特有の悪循環に陥ります。

薄毛対策は早期に行なう

しかし、対処が早ければ早期の段階でヘアサイクルを元に戻すことができますので薄毛対策の効果が出やすくなります。ですからなるべく早期の段階で適切な治療を見つけることが重要なのですが、症状は少しずつ進行しますので気付いた時にはかなり進んでいることもあります。

発症から長い時間が経過してしまうと毛根自体の活動が完全にストップしてしまう可能性も高くなりますので、いくら治療を行っても新たな髪の毛は生えてこなくなります。早期発見が改善につながることを理解して、髪の毛の変化をこまめにチェックすることが大切です。

主にレセプターの感度が高くて男性ホルモンの働きによる影響を受けやすいことが要因になりますが、後天的な要因が重なると更にリスクが高まりますので、乱れた生活を送っている人は正さなければなりません。

AGAの原因物質DHTとは

AGAによる脱毛を理解する上で、特に重要な存在と言えるのがDHTです。脱毛を引き起こしている主たる原因物質であり、回復のためにはこの物質への対策を適切に行うことが求められます。
DHTとはジヒドロテストステロンという正式名称を持ちますが、この物質は男性ホルモンのテストステロンが5α還元酵素によって変換されることで誕生します。悪玉の男性ホルモンとして猛威を振るうようになり、AGAという脱毛症を発症させてしまうのです。

DHTによる影響について

DHTが増加することで髪の毛にとってどのような影響があるのかについてですが、この原因物質には毛周期を短縮させてしまう働きがあります。毛周期というのは髪の毛の成長サイクルのことであり、一連のサイクルが正常に行われることで一定のボリュームが保たれています。ところがDHTによって毛周期が短縮されてしまうと、本来なら生えるはずの髪の毛が育たなくなるのです。

薄毛の理由は髪が育ち切る前に抜けてしまう

通常、男性の髪の毛は4~6年くらいは成長を続けていくと言われていますが、原因物質の影響を受けることで1年未満しか髪の毛が育たなくなります。つまり長く育つ前に抜け落ちてしまいますのでボリュームが出ず、地肌も目立ち薄毛状態へと陥ってしまうのです。特に前頭部と頭頂部は影響を受けやすいために症状が顕著に確認できます。反対に側頭部や後頭部は影響を受けにくく薄毛にはなりにくいです。

AGAはこのような仕組みで起こってしまう脱毛症であり、非常に強力な脱毛作用を持っています。殆どの男性はAGAが薄毛になっていると言われるほどですから、ボリュームが減ってきた時には注意した方が良いでしょう。

AGA治療薬を用いてDHTを抑制する

症状が発生した際の対策の仕方ですが、基本は治療薬を用いてDHTを抑制することです。原因物質を増加させる要因となるのが5α還元酵素でしたが、この物質を抑制するための治療薬もあります。テストステロンとの結合を抑制することになりますのでAGAの発症も抑えられ、正常な毛周期へと改善させられるのです。

ただし、この脱毛症は非常に強力です。影響を特に受けやすい体質ですと治療薬を用いたとしても改善が困難になる場合があります。そのため薄毛の症状が重く全体的にボリュームがない人ですと簡単には回復させることはできないのです。しかしそのような場合でも別の治療薬を組み合わせたり、あるいはその他の先端治療によって回復ができる場合もあります。薄毛治療も進化していますから、症状が重くとも回復ができる可能性は残されています。

公開日:
最終更新日:2018/06/18